海釣り君!神戸 釣りは神戸・明石周辺の阪神間で鯵・鰯のサビキ釣りや太刀魚ワインドの波止・防波堤釣りが主。各地ショア釣果情報

投げ釣り入門(キス・カレイ)

投げ釣り入門(キス・カレイ)

投げ釣りは底に生息する魚を狙います。
投げ釣りは海岸からキス・カレイ狙い等に適した釣りです。波止場・防波堤等、手間で釣れない時、仕掛けを投げる事によって広範囲のポイントを攻める事ができるので釣果アップに繋がります。投げ釣りはキス・カレイ釣りがメジャーで他にもアイナメ・ガシラ・ベラ・コチ・タイなど様々な魚が釣れます。
こちらの章ではアジ・イワシ釣りの章で紹介した道具を利用して他にも必要な道具やおよその金額、釣り方などの説明をしています。行き成りこちらの章をご覧の方は「釣り入門アジ・イワシ」をご覧の上、こちらの章をご覧いただいた方が良いと思います。

アジ・イワシ釣りの章で紹介しました道具を使用します。

  • 竿(投げ専用竿)
  • リール(本格的に投げ釣りをされたい方は投げ釣り専用リールを購入して下さい。PE用やナイロン用がありますので釣り具店で相談して下さい。)
  • ライン(道糸)ナイロン3号~5号
  • 錘「ジェット天秤」比較的根掛かりし難い錘です。「誘導天秤(L字天秤)」キス釣りで良く使用されます。「スパイク天秤」潮の流れが速い所で有効です。今紹介した錘10~30号を使用します。価格は各種類、号数によっても違いますが、20号2個入りで500円前後です。根掛かりが多いポイントでは仕掛けがロストしやすく、錘は沢山必要です。最低でも錘4~6個以上は持参した方が良いです。初心者は10号~15号の錘を使用して始める事をお勧めします。次に紹介する「力糸」を購入しなくとも特に問題ないと思うからです。ただし小さい錘ではより遠くまで仕掛けを飛ばす事はできません。使用する竿によって錘負荷に違いがあります。規定以上の錘を使用すると破損の原因になります。
  • 力糸 大きな錘を使用する場合は力糸を使用します。(段々と太くなったナイロン糸で12m程あります。)仕掛けを投入する時に糸に大きな負荷が掛かる為、糸が切れないように使用します。価格は5~10本セットで700~1000円です。リールに巻いている道糸と同じ号数にあわせて購入して下さい。ナイロン4号糸を使用の場合は「力糸」をナイロン4号~12号を購入です。ナイロン3・4・5号~12号があります。「力糸」と道糸の結び方は電車結びが基本です。(正しく丁寧に結ばなければ連結部分がほどけたり、切れたりしてしまいますので練習して下さい。)上手く結ぶ事が出来ない方は3・4・5号~12号の150m(1300~1500円)の結び目の無いナイロン糸を巻きなおして使用して下さい。ナイロン4号の糸を使用ならば10号~15号の錘を使用すれば「力糸」は必要ありません。但し錘15号を使用の場合は少し力を抜いて投入された方が良いと思います。4号糸の強度の限界を超える負荷が掛かり糸が切れると思います。錘12号なら大丈夫かと思いますが、力の強い方は気を付けて下さい。
  • 仕掛け針 カレイ・キス針6~14号を使用します。(仕掛け2~3セット200~300円前後、キス15cm迄のサイズが釣れるならキス針6~7号で良いです。)根掛かりが多いポイントでは仕掛け針を多めに用意して下さい。錘よりロストが多くなります。
  • 石ゴカイ・アオイソメ・マムシなどの餌です。狙う魚によって使い分けます。
  • ライフジャケット 安全の為に購入して下さい。子供用1000円~ 大人用様々なタイプが有ります。4000円~

以上が必要最低限の物

<便利な物>

  • ハサミ
  • メゴチバサミ
  • ラジオペンチ
  • ビニール袋・
  • ロッドケース
  • クーラーボックス
  • 保冷剤
  • プラスチックケース
  • 椅子
  • 帽子
  • サングラス
  • タオル
  • 手袋
  • バンドエイド

<仕掛け>

karei

ジェット天秤仕掛け

karei1

スパイク天秤仕掛け

「注意」仕掛け図は錘25~30号で紹介していますが、使用する竿によって錘負荷に違いがあります。規定以上の錘を使用すると破損の原因になるので規定以上の錘は使用しないで下さい。仕掛け針はカレイ狙いの号数です。狙う魚によって替わります。

<釣り方>

<キスの釣り方>

  1. キスは砂地に生息しています。砂地のポイントで釣りをして下さい。
  2. 仕掛け針に餌を付けます。餌はイシゴカイなど
  3. 仕掛けを投入します。
  4. 仕掛けが着水すれば、糸のフケはリールで巻いてたるみを取ります。
  5. 少し待ってアタリが無ければ、リール少し巻き再び待ち、アタリが出るまで同じ事を繰り返します。
  6. アタリがあれば竿を立てて、しかっりと針掛かりされてから巻き上げます。
  7. アタリが最後までなければ仕掛け針に付けた餌を確認して、餌がちぎれたり、無くなっていれば、1から同じことを繰り返します。

<カレイの釣り方>

  1. カレイは砂地に生息しています。砂地のポイントで釣りをして下さい。
  2. 仕掛け針に餌を付けます。餌はマムシなど
  3. 仕掛けを投入します。
  4. 仕掛けが着水すれば、糸のフケはリールで巻いてたるみを取ります。
  5. 置き竿して、アタリが出るまで待ちます。竿先が上下にピクリと動けばアタリです。
  6. アタリがあれば竿を立てて、しかっりと針掛かりされてから巻き上げます。

<エサの確認>

時折、餌の確認をして下さい。餌が無くなっていたり傷んだりすれば餌を交換します。

<投げ仕掛けで釣れる魚>

キス・カレイ・コチ・ガシラ・ベラ・アイナメ・タイ・フグ・ハオコゼなど

ハオコゼが釣れた時は素手で触らないで下さい。背びれに毒があります。(毒を持った魚は死んでも毒は無くなりません)刺されるとその部分が腫上り、強烈な痛みを伴います。メゴチバサミを使用して魚を素手で触らないで下さい。

その他にも知らない魚が釣れた時は近くの人に聞いて下さい。知らずに素手で触ると危険です。

釣り具、小物購入を安価にするなら

PAGETOP
Copyright © 海釣り君!神戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.